顧問弁護士・企業法務相談に関する法律相談は弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所(JR東京駅徒歩4分)へ

初回相談料0円 お気軽にご相談ください。 03-5224-3801

顧問先インタビュー 三番町クリニック

「医師をはじめとする従業員全員が法令を遵守するだけでなく、倫理的にも正しい行動をすることを意識しています。そのために顧問弁護士は必要と考えています。」。

相手の思いに寄り添いながら、話をしっかりと聞き、知見と資格に基づいた的確な情報を提案・提供する。

すべては、目の前にいる人に喜んでもらえるためにー。そんな、当事務所と通ずるものを感じる理念を掲げている、東京都千代田区の「医療法人社団有洸会 三番町クリニック」(西野輝泰院長)近年再注目されている訪問診療専門のクリニックです。当事務所は、代表弁護士中里の個人的な関係から発展し、同クリニックの顧問弁護士を務めています。実は、同クリニックの西野院長は「トラブル解決のが目的で顧問弁護士を契約しているわけではありません。」

と言います。そんな西野院長が当事務所と顧問契約を結んでいただいた理由や背景について、お話を伺いました。

三番町クリニックのホームページ

 

顧問弁護士契約を結んだ理由は、医師や従業員の法令遵守のため

 

― 最初は、中里が個人的に先生のクリニックを紹介されたご縁だそうですね。

西野院長 そうです、中里先生の御宅に最初にお邪魔したのは平成25年1月のことでした。

東京には珍しい大雪の日でしたので、よく覚えています。

その時に中里先生の印象は、とにかく「元気」「パワフルな女性」でしたね。以来、5年以上のお付き合いになります。

― 先生のクリニックは訪問診療専門ということですが、なぜそういう形態を選ばれたのでしょうか。

西野院長 個人的なことになりますが、私が大学時代6年のうちの5年間を、祖母と二人で生活していた経験が大きいです。徐々に認知機能が低下し、要介護となっていった祖母のそばにいながら、何もできない。病院や施設に連れていくのもままならない。そんな時、自宅に来てくれて、診察してくれるドクターがいれば、どんなに良いだろうかと考えていたのです。

往診というスタイルは、古くから日本にあったスタイルですが超高齢化が進む中、同じようにお困りの方がいるのではと思い、訪問診療を始めました。

― ご自宅への訪問ですと、病院に比べて患者さんとのトラブルなどが起きやすい傾向はないでしょうか。

西野院長 むしろ全く逆です。大病院のように“超時短診療”ということはなく、1対1で、じっくりと患者様と向かい合いますので、これまでのところ、そういうトラブルはないですね。

患者様やご家族様と話をして、ご理解を頂けるまで、納得して頂けるまでしっかりと説明しています。

 

医療法人において、医師をはじめ従業員全員が法令を遵守するのはもちろん、

倫理的に正しい行動がとれるように、意識を高めたい

 

― それでは、先生が当事務所を顧問としていただいている理由はどういうところにありますか。

西野院長 医療法人の医師をはじめとする従業員全員が法令を遵守するだけでなく、倫理的にも正しい行動をとれるように、意識を高めたいと思っているからです。また、新しい事案があった時も、法人の判断を弁護士にすぐ確認できるということも大きいですね。

例えば、新規事業などで自分が判断できないような案件があったとします。そんな時に身近に弁護士がいて、すぐに連絡が取れれば、その都度、確認することができますね。

「きっと大丈夫だろう」と、自己判断をして、無駄なリスクを取らないように気を付けています。

常に、「これは正しいですか」「法に抵触しませんか」という小さな疑問を気軽に聞くことで、コンプライアンスを維持できると思います。

さらに、私がその姿勢を従業員全員に示すことによって法令遵守の意識を高めてほしいと思っています。

― どんなときも、どんな内容でも、気軽に相談してもらえる存在が顧問弁護士のメリットでもありますから、どんどん、聞いてください。具体的にはどのような内容が考えられますか

西野院長 例えば、医療法人が新しい事業を始めようとしたときに、医療法や医師法に照らし合わせて正しいのかどうか、もし、何らかの手続きが必要なら、どのような手続きを踏めばいいか。他社の事例や判例を調べてもらったり、その分野の専門家を紹介していただいたり。

的確なアドバイスをいただけると大変助かります。

いずれにしても私は、法令遵守の観点から気軽に相談できる弁護士さんというのは必要だと思っています。

 

いずれは医師賠償保険のような存在に

 

― それは、西野先生のような訪問診療に限らず、他の医院・クリニックなどでもいえることですよね。

西野院長 顧問弁護士がいるということは、保険のようなバックアップとしての意味もあると思いますし、安心材料になっていると思います。

医師がほぼ全員入っている「医師賠償保険」というものがあります。保険を使ったことのある医師は少ないと思うのですが、「この事案の判断はどうだろうか、弁護士に相談したいな」と思ったことのある医師やクリニック経営者は多いと思います。
これからの時代は、医師賠償保険だけでなくコンプライアンスの確認として、気軽に相談できる弁護士さんがいるといいと思います。

法人や従業員が法令をきちんと遵守できているか、常に確認しながら進めることが、安心して業務を行うためには必要です。そういう意味で、保険に入るのが当たり前のように、弁護士さんと契約する医師やクリニック経営者は増えていくと思います。
また、私どもの医療法人が、どこよりも法令を遵守しているということを知っていただければ、患者様が安心して診療を受けていただけるようになるとも思っています。

 

― 有難うございました。

[ł̂₢킹

TOPへ