中小企業の法律問題を弁護士が解決 弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所

HOMEアクセスサイトマップ

中小企業のための法律相談

JR東京駅 丸の内 南口 徒歩4分 弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所

  • English VERSION
  • English VERSION
  • English VERSION
  • English VERSION

03-5224-3801

国際ビジネスにおける契約書の重要性

日本人同士であれば、ある程度共通の価値観や商習慣がありますが、外国企業となるとそう簡単にはいきません。

海外企業との取引では、国により法令又は取引慣行が異なるため、トラブルを防止するためにも契約書が必須となります。

したがって、国際ビジネスにおいては、決定事項や協議事項をこと細かく契約書に記載することが原則となります。

一般的に、国際取引のために用いられる英文契約書は、多数の細かな条項からなり、分量が多く、難解になる傾向になるのは、そのためといえます。

なお、外国企業との取引において、以下のようなお悩みがございましたら、当事務所にご相談ください。

貴社にとってより良い内容の英文契約を締結できるよう英文契約書の作成及びレビューをサポートさせていただきます。

無料相談受付中

顧問契約について

ソレイユクラブ法人会員のご案内

弁護士法人
丸の内ソレイユ法律事務所
東京都千代田区丸の内
2-2-1 岸本ビルヂング4階

丸の内ソレイユ法律事務所 オフィシャルサイト

女性弁護士による離婚相談

弁護士による交通事故相談

弁護士による相続相談

離婚協議書作成サポート

AEAロゴ