顧問弁護士・企業法務相談に関する法律相談は弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所(JR東京駅徒歩4分)へ

初回相談料0円 お気軽にご相談ください。 03-5224-3801

従業員教育・セミナー

経営環境、雇用環境が激変する中、企業の取り扱う業務はますます多様化・複雑化・グローバル化してきています。これに伴い、企業活動に対する社会の目も年々厳しくなっています。従業員に対する教育の重要性はこれまで以上に増しているといえるでしょう。

当事務所では、それぞれの企業のニーズ、ご希望などを考慮しつつ、ワークショップや勉強会などの機会を提供しています。

 

ハラスメント対策

 

昨今話題に上らない日がないほどの「ハラスメント問題」。

ここ数年は、かつてないほどセクハラ、パワハラ、マタハラなどへの関心が高まり、それに伴ってハラスメント防止のための企業の措置義務も強化されています。これらのハラスメントについては、いまだに世代や性別、立場による認識の違いが大きいため、全社員が共通認識を持てるように、効果的な対策を検討していく必要があります。

 

ネット上のコンプライアンス

 

近年のスマホ、タブレットなどのポータブルデバイス、FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSなどの浸透に伴い、誰もが気軽に、いつでもどこからでも情報を発信できるようになりました。

ちょっとした不用意な発言がネットにアップされたことで炎上し、企業活動そのものに影響を与える場合もあります。

ネットにおけるコンプライアンス教育など、全社的な認識が不十分なケースが多いことも指摘されています。

 

経営におけるリスクを少しでも軽減させるため、リスクマネジメントの一環として、コンプライアンスの徹底を図ることは、企業にとって逼迫した課題であり、企業の経営者の皆様、管理職から一般社員、パートや契約社員まで全社員が、自社を取り巻くリスクに関して共通認識を持つことが大切です。

 

各種セミナー開催のほか出張セミナーにも対応

 

当事務所では、下記のようなさまざまな課題をテーマに、各種セミナーを実施してきており、企業の人事担当者の方にご参加いただいています。

今後も、時宜に応じたテーマで、随時セミナーを開催していくほか、出張セミナーなども実施する予定ですので、ご希望のテーマがございましたら、ご意見くださいますようにお願い申し上げます。

 

過去に当事務所所属弁護士が行った主なセミナーテーマ

 

「無期転換ルールの落とし穴」

「問題社員に退社してもらうために」

「長時間労働のリスクと対処法~倒れるのは人か会社か」

「貴社のハラスメント対策、それで大丈夫ですか?」

「企業とストレスチェック」

「個人情報を守れ!~リスク把握と漏えい対策の基礎知識~

「割増賃金支払請求への対応~飲食店に対する請求事例から見る対応と対策~」

[ł̂₢킹

TOPへ