顧問弁護士・企業法務相談に関する法律相談は弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所(JR東京駅徒歩4分)へ

初回相談料0円 お気軽にご相談ください。 03-5224-3801

コロナ禍での飲食業の方の倒産(破産など)について、解説記事を掲載しました。

2020年12月25日

コロナ禍で、飲食店の方々を取り巻く環境は日々厳しくなっています。

2020年12月、23区と多摩地域にある酒を提供する飲食店やカラオケ店に対する営業時間短縮要請が1月11日まで延長されることとなりました。

東京商工リサーチのアンケート調査では、飲食店の32.7パーセントが廃業を検討していると回答するなど、その深刻さがうかがわれます。

日本全国どの地域でも、飲食店を経営される皆様にとっては苦しい日々が続いていることと思います。

 

当事務所では、コロナ禍により、やむなく閉店・廃業・破産などを検討している方のご相談にも対応しております。

 

・「飲食店の破産手続きの注意点

・「破産に強い弁護士が教える『複数店舗を経営している飲食業が破産するときに注意するべきこと』

・「飲食業の皆様が、「破産(倒産)」を決める前にできること

 

について、解説記事を掲載いたしましたので、是非ご参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

 

 

飲食店の破産手続の注意点

The following two tabs change content below.
アバター

弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所

当事務所では、不動産チーム・労務問題チーム・破産・再生チーム・美容広告専門チーム・医療機関専門チームの5つのチームを編成しています。 お客様のお悩みに合わせて各分野に精通した弁護士から構成される専門チームで迅速に対応致します。チャットワークやメール、電話などでのアドバイスも可能です。まずはお気軽にご相談ください。
アバター

最新記事 by 弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所 (全て見る)

メールでのお問い合わせ

TOPへ