顧問弁護士・企業法務相談に関する法律相談は弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所(JR東京駅徒歩4分)へ

初回相談料0円 お気軽にご相談ください。 03-5224-3801

弁護士の活用方法

では、どのような場合に弁護士を活用すればいいのでしょうか。
例えば契約書を作成することを考えてみましょう。

検索サイトで「契約書  作成 テンプレート」などと打ち込めば、無料ダウンロードができるサイトが数多くヒットします。中には、法律事務所や行政書士事務所など、契約書作成のプロである事務所のサイトにも、契約書の書式、テンプレートがたくさん掲載されていますし、書店に行けば、市販の書籍でも、数多く「ひな型」が存在します。

しかしながら、このようなものはあくまで一般の例であり、必ずしも、それぞれの業界、それぞれの企業の事情に対応しているわけではありません。書式の作成者は、あくまで一般的なものとして「ひな型」「テンプレート」を作成しているので、それをそのまま自社の名前に書き換えて加筆修正した場合、将来紛争が生じた場合にトラブルが発生する可能性もあります。

弁護士は、その業界に精通した知識を持ち、個別の事情に応じた正しい契約書の作成をアドバイス、または、提供することができます。

次に、具体的にどんな場合に弁護士を活用するのがいいのか、具体的な事例を告ぎに紹介しましょう。

  • 契約書事例
  • 英文契約書事例
  • 労働問題事例
  • 債権回収事例
  • 不動産取引・不動産問題事例
  • 会社破産事例
  • 対消費者問題事例
  • 知的財産事例

当事務所では、顧問弁護士サービスに関するご相談は、初回無料ですので、上記のように顧問弁護士サービスに興味はあるが、内容を知りたいという方は、お気軽にご連絡下さい。

下記のページも合わせてご高覧頂けましたら幸いでございます。

[ł̂₢킹

TOPへ